鬼海弘雄先生トークショー&入選作品講評

1982331_10202923213857533_1336002823_n

鬼海弘雄先生トークショー

タイトル:「写真の旅、旅の写真」
日時:2014年3月21日 14:00〜15:00
〜 インドやトルコに10年以上通い、写真を作り続けて来た写真家の視点を語ります 〜

※このイベントは満席にて終了致しました。

【Hiroo Kikai talk show】

「写真はマジックなんです。それは世界のへそに通じている」

そんな鬼海さんの一言から始まったトーク。マイクを手にした瞬間から既に会場の空気は変わっていた。当日は立ち見こそいないものの満員、30数脚の椅子が全て埋まり、熱心にペンを取ってメモを進める若者の姿も見られた。

「旅の時はいつも安宿に泊まるようにしていますよ。クーラーがついていて快適だと撮影に出たくなくなりますから」

途中には笑いを交えながら軽快に話が進む。スライドこそ無かったが、写真集はもちろんギャラリーにもある。作品を見ながら話を聞くも良し。海外のインドや国内の月山、その撮影スタイルも想像しているとまた違った形で楽しめる。

「遠くから全身でお願いするんです。じゃないと写真は撮らせてもらえない。それで10枚撮れば登るべき山が見えてくる」

登るべき山という言葉で表すイメージスタイルは独特。ブローニーを使い、撮影は1ロール。6x6だと実に12枚の撮影、スタイルが決まっていなければなかなかこれでは良い物を生むのも大変だ。やはり「生きている人間」を撮影するという山は言葉にも表れていたようだ。

※イベント終了後に世界旅写真展の入賞作品の講評を頂きました。

1462885_10202923220097689_1244729479_n

世界旅写真展作品を講評いただきました
イベント終了後に、同時開催中の世界旅写真展の展示作品について講評・助言を頂きました。10名の入選作家の方々も鬼海先生からのお言葉に頷いていたご様子。中にはお褒めの言葉や激励などを頂いてる方も散見できました。

1383636_10202923232778006_1251207119_n

入選作家や大勢の展覧者の方々にお越し頂いている中でのご好評。貴重な機会に皆さんも色々と考えているご様子でした。鬼海先生ありがとうございました。

Comments are closed.