lim_apart_580

A&C第1回|新世界の夜明け

APART&CINEMA 第1回|映画上映会|『新世界の夜明け』
新世界の北京と大阪の古い町「新世界」を通じて、中国と日本の「今」を描こうとしている。

DATE|2013年10月29日(火)
TIME|19時〜(監督舞台挨拶)・19時30分〜21時30分(上映)
SEAT|自由席(要予約・限定30名様)

記念すべきAPART&CINEMAの第1回目に企画したのは日本を舞台に活躍する鬼才リム・カーワイ監督の作品『新世界の夜明け』です。大阪CO2上演展ではワールドプレミアされ、観客賞と技術賞を見事にダブル受賞した注目作品でもあります。チャージは500円ですが、ブログやフェイスブックなどで感想&チェックインをアップして頂いた方はノーチャージにてご招待とさせて頂きます。


STORY|ストーリー

北京の若い女性、ココは今年大阪で最高なクリスマスを過ごそうとするが、辿り付く先がなんとメトロポリタンとは遠く離れる大阪の新世界だった。新世界の一日と一晩で、ココはイメージと全く違う「日本」と自分の知らない「中国」と遭遇してしまう。夜明け頃、彼女は一体なにを見つけるか。あるいはなにも見つからないか。大都会の北京と大阪の新世界で撮影された無国籍風の群像劇。

リムくんが映画を撮った。昔からの友達だし、見るしかない。それはムチャクチャで突っ込みどころ満載の映画だった。しかし、どこかで真実を突いているような気もした。そう言えば、昔からリムくんには口癖があったんだった。『笑うしかないね……』。笑うしか頷ける。そんな映画。
オダギリジョー(俳優)

今時の北京の女の子が、クリスマスに大阪の新世界に迷い込む。こんなクロスカルチャーな映画は、中国・日本・マレーシアを漂流(ドリフト)するノマド映画作家のリム・カーワイにしかできなかったであろう。「新世界の夜明け」は、インディペンデント映画のスピリット、視覚的にも楽しいもう一つの記念碑的な作品である。
リー・チョクトー(香港国際映画祭アーティスティックディレクター)


AandC_200

[RESERVATION|予約方法]

DATE|2013年10月29日(火)
TIME|19時30分〜(監督舞台挨拶)・19時45分〜(上映)
PRICE|500円
SEAT|自由席(要予約・限定30名様)
PLACE|アパートギャラリー&ライブラリー
ADD|東京都世田谷区瀬田4丁目29番地11号833ビルディング 3階

ご予約は下記フォームよりお送りいただき、その返信をもって完了とさせて頂きます。
チャージは500円ですが、ブログやフェイスブックなどで当日の様子、映画の感想をアップして頂いた方は無料にてご招待とさせて頂きます。ぜひお待ちしております。
[PCよりご覧の方向け]
http://ws.formzu.net/fgen/S48193870/
[携帯よりご覧の方向け]
http://ws.formzu.net/mfgen/S48193870/


[TRAILER|予告編]


[CAST|キャスト]
[column size="1-2" last="0" style="2"]lim[/column]
[column size="1-2" last="1" style="2"]監督|リム・カーワイ
(林家威/Lim Kah Wai)


1973年生まれ、クアラルンプール出身。 1998年大阪大学基礎工学部電気工学科卒業。 通信会社で6年間エンジニアとして勤めた後、2004年9月に北京電影学院の監督コースで映像に従事。2005年釜山国際映画祭主催のAFA(アジア・フィルム・アカデミー)に選ばれ、台湾の名監督、侯孝賢の下で演出を学ぶ。2009年、北京で撮影した『アフター・オール・ディーズ・イヤーズ』で長編デビュー。2010年香港国際映画祭、大阪アジアン映画祭、サンパウロ国際映画祭に公式招待される。今回の上映作品『新世界の夜明け』ではCO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)の観客賞&技術賞をダブル受賞。 2013年12月には大阪ミナミ、香港、ソウルで撮りあげた新作「恋するミナミ」が全国で公開予定。どこにも定住せずに漂流を続けており、作品ごとに場所やジャンルを変える、多層的な作品を撮る鬼才監督である。[/column]

[column size="1-2" last="0" style="2"]koko[/column]
[column size="1-2" last="1" style="2"]ココ:史可(シー・カー)

中国籍女優。北京生まれ、北京育ち、生粋の北京娘。三歳からテレビのドラマなどでデビュー。大学卒業後、北京の大手芸能プロと契約し、ドラマと映画で活躍する。2006年に出演した台湾映画「不完全恋人」(第19回東京国際映画祭、アジアの風部門で上演)話題を呼んだ。現在は学生として都内の学校で日本語と日本の文化を学びながら、東京と北京を行き来しつつ女優の道を続ける。[/column]



今企画は(ほぼ)満席にて終了しました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

AandCinema_01

監督のリムさんの力の入ったご挨拶やシネマの様子です。こちらでだいたい20名のお客様にお越し頂きました。一人で2席を使って、あるいは壁によりかかりながらと、リラックスしながら見るには丁度良い人数でした。

AandCinema_02

最後に監督と記念写真。スタッフ全員で監督を見ながら・・・次回作「恋するミナミ」にも期待が募ります。皆さんも沢山前売り券を買ってくれたご様子、スケジュールがあったら是非アパート&シネマでもまた上映したいものです。

Comments are closed.